小劇場演劇向け ウェブサイト(ホームページ)にお金をかけることのメリットを紹介します
» » » 小劇場演劇向け ウェブサイト(ホームページ)にお金をかけることのメリットを紹介します

小劇場演劇向け ウェブサイト(ホームページ)にお金をかけることのメリットを紹介します

カテゴリー Webの知識 | 0
Pocket

※本文中のホームページという単語は、ウェブサイトで統一しています。

できるだけお金をかけずにウェブサイト(ホームページ)をつくる方法を紹介します」では無料でウェブサイトをつくる方法があることを紹介しました。

そうなると「無料でウェブサイトをつくることができるのに、わざわざお金をかける意味はなんなのだ」という疑問を抱かれる方もいるでしょう。

そこで今回は、ウェブサイトにお金をかけることのメリットについて解説したいと思います。

前提知識

まずは前提となる知識をとして、「独自ドメイン」と「サーバ」について解説をします。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、簡単にいうと「インターネット上の住所」のようなもので、ウェブサイトのURLやメールアドレスに使われています

たとえば、このトイトイガーデンのウェブサイトでは「toytoygarden.com」が独自ドメインです。

独自ドメインは、「○○○○.●●●」というかたちになり、「○○○○」というところは好きな英数字を入力して、「●●●」のところは、「.com」や「.jp」など用意されているなかから選択して取得します。

この独自ドメイン「○○○○.●●●」は世界で一つしか存在はできません。ほかの人が「toytoygarden.com」というドメインを使いたいと思っても、このウェブサイトが使っている限り、使うことができません。だからこその独自とついているのです。

ちなみに「○○○○」のところが同じでも、「●●●」のところが違えば、そのドメインは取得することができます。

独自ドメインを取得するためには、ムームードメインお名前.comなどのサービスを利用する必要があり、すべて有料です。かかる費用は、サービスによって差はありますが、一般的に使用される「.com」、「.net」、「org」などでは、だいたい年額で1200円前後です。

ただし、「.jp」などのようにドメインによっては、値段が高いものがあるので、注意が必要です。

サーバとは

独自ドメインを取得するだけでは、ウェブサイトは公開できません。独自ドメインで設定しているインターネット上の住所に、公開するウェブサイトのデータを用意する必要があります。このデータを格納する場所がサーバです。

独自ドメインは住所で、サーバはそこに建つ建物

サーバは、詳しい人であれば、自分で用意することもできますが、ほとんどの人はそのような知識がないため、レンタルサーバを利用します。レンタルサーバは、ウェブサイトを公開するために必要な機能があらかじめ用意されているサーバで、レンタルサーバを運営している会社に月額料金を支払って、ウェブサイトを公開するためのサーバを借りることができます。ロリポップさくらインターネットなどが料金が安めでかつ有名でしょうか。

WixやJimdoなどのウェブサイト作成サービスは、サービスのなかにサーバも含まれています。

いっぽうで、ホームページ・ビルダーなどのウェブサイト作成ソフトの場合は、つくったウェブサイトのデータを格納するためのサーバが必要になります。多くのソフトは、6か月などの無料でレンタルサーバを使用できる期間がありますが、期間が終了したら、サーバの代金を支払う必要があります。

ウェブサイトにお金をかけると、信頼性があがる

独自ドメインを使用することができる

さきほど独自ドメインについては解説しましたが、多くのウェブサイト作成サービスの無料プランでは、独自ドメインを使用できません。

その場合、ウェブサイトのURLは、そのサービスの固有のURLにユーザー名やサイト名を付け加えるというようなかたちになります。たとえば、Wixであれば、「username(ユーザー名).wix.com/sitename(サイト名)」というようになります。

では独自ドメインを使用すると、どのようなメリットがあるのかを解説します。

自分のウェブサイトに特有のURLが使用できる

独自ドメインなのであたまえなのですが、自分のウェブサイトに特有のURLを使用できます。無料では、さきほどのWixの例のように、「username(ユーザー名).wix.com/sitename(サイト名)」というURLになりますが、それに対して独自ドメインでは、「sitename(サイト名).●●●(.comなど)」というURLになります。

ウェブサイト作成サービスの無料プランは、サービス名がURLに表示されるために、みる人がみれば、すぐに無料プランだとわかってしまいます。やはり、ウェブサイトにお金をかけていることが、ウェブサイトの信頼性を高めることにつながるというケースも多いです。

とはいえ、「URLを独自のものにすることが、そんなにメリットなのか」という疑問に思われた方も多いと思います。それではそのメリットについて次で解説します。

独自ドメインにウェブサイトの価値をずっと貯めることができる

独自ドメインを使用していると、どのようなWEB作成サービスを利用しても、またウェブサイト作成ソフトでつくっても、URLは独自ドメインで決めたもののままです。これは独自ドメインの使用をやめない限りURLが変わることはありません。

それに対して、ウェブサイト作成サービスの無料プランでは、使用するサービスを変えると、それでURLは変わってしまいます。

独自ドメインを使えば、サイト移転時にもURLは変わらない

サービスを変えたり、ウェブサイト作成ソフトを導入しようと思い立っても、それまで無料プランのURLを使用していたら、それまでのURLは捨てることになってしまいます。しかし、独自ドメインを使用していれば、URLはそのままでウェブサイトの移転をすることができるのです。

URLが変われば、リンクアドレスの変更のお願いをしたりする必要がありますし、場合によっては、以前のURLのままリンクが残ってしまうことも考えられます。独自ドメインを使用することで、URL変更にともなうリスクを防ぐことができます。

さらに独自ドメインでURLが変わらないことにより、ウェブサイトを運営することで独自ドメインにどんどんと価値を貯めることができます。価値をためることでGoogleなどの検索サイトで表示されやすくなり、ウェブサイトの集客を増やすことにつながります。

これはSEO対策とか、最近ではコンテンツマーケティングなどといわれていますが、これを活かすためには独自ドメインで運用することが前提となります。これについても、こんご詳しく解説できればと考えています。

広告を非表示にすることができる

先ほどは独自ドメインについて、説明しました。お金をかけることのもう一つのメリットで、これがいちばんわかりやすい点かもしれません。ウェブサイト作成サービスの無料プランでは、ほとんどの場合は、広告が入ってしまいます。広告を消すためには有料のプランに入ることが必要です。

広告が表示されるウェブサイトと表示されないウェブサイトとでは、どちらがより信頼性が高いのかは一目瞭然だと思います。無料プランだとウェブサイトの信頼度が落ちるということは、このようなことが原因であります。

たとえば、同じような内容のウェブサイトで片方は広告が表示されているものとされていないものだったら、広告表示がないサイトのほうが信頼できますよね。

ウェブサイト作成サービスではなく、レンタルサーバと作成ソフトを使うメリットとは

これまで紹介したメリットは、ウェブサイト作成サービスの有料プランを使用することのメリットです。先ほど述べたように、これらのサービスではサーバも含まれておりますので、ウェブサイトのデータを格納するサーバを用意する必要はありません。

レンタルサーバを借りてウェブサイトを運用する場合には、サーバ内に格納するウェブサイトのデータも自分でつくる必要があります。これを簡単につくることができるのが、ホームページ・ビルダーBindなどのウェブサイト作成ソフトです。

サーバも独自ドメインもウェブサイトのデータも自分で用意するのが、この方法です。これだとかなり本格的にウェブサイトをつくることができます。そのメリットについて紹介いたします。

メリットの紹介の前にすこしだけ述べますが、この方法ではウェブサイト作成サービスを使うよりも手順的には難解です。できることが増えるのですが、ハードルは高くなるので、それについては考慮する必要があります。

レンタルサーバのメリット

レンタルサーバを使用する場合は、ウェブサイトのデータを作成ソフトなどでつくり、それをレンタルサーバにアップロードすることになります。

これの大きなメリットは、データのバックアップができるということです。ウェブサイトのデータは、レンタルサーバにアップロードする前には、ローカルのPC上に保存されていますから、不測の事態が起こった場合にも、保存されているデータをアップロードしなおすことでウェブサイトを回復することができます。

それに対して、ウェブサイト作成サービスを使った場合は、まんがいちなんらかの理由で、そのサービスが終了したときには、それまでのウェブサイトのデータが消えてしまう場合があります。もちろん、なんらかの方法でデータ消失が避けられるという可能性もありますが、それはサービス次第となってしまいます。

ちなみにレンタルサーバにウェブサイト作成ソフトをインストールして、作成サービスのようにインターネット上でウェブサイトを作成するという方法もありますが、この方法でもバックアップは可能です。

料金

レンタルサーバの料金は、サーバの機能や容量によってまちまちですが、だいたい安いもので年額3,500円前後くらいから、高いものでは月額で10,000円を超えるようなものもあります。

ウェブサイト作成ソフトでできること

ウェブサイト作成ソフトを使うとどのようなことができるのか。それはウェブサイトの幅が拡がるということです。

インターネット上でウェブサイトを作成するサービスは、用意されたテンプレートをもとにすることで、デザインも高クオリティなものをつくることができますが、そのテンプレートの枠組みのなかでしかウェブサイトの構成やレイアウト、デザインを調整することができません。

ウェブサイト作成ソフトも同様にテンプレートをもとにしてつくりますが、その枠組みのなかでしかつくれないということはなく、デザイン、レイアウトなどにかなりの自由度があります。もちろん、ソフトの操作に慣れる必要はありますが……。

さらに、こういうソフトは画像編集機能であったり、ロゴ作成機能であったりと、ウェブサイトをつくるときに便利な機能を備えていることが多いので、よりこだわってウェブサイトをつくることができます。

まとめ

お金をかけるレベルとしては、大きく分けると二つあります。

  1. ウェブサイト作成サービスの有料プランを利用して(月額1,000円前後)、独自ドメインで利用する(年額1,200円前後)。
  2. 独自ドメイン (年額1,200円前後)を利用して、レンタルサーバ(年額3,500円前後~)にデータをアップロードしてウェブサイトを公開する。ウェブサイトのデータは知識がある人なら、自分でつくれますが、そうでない人はウェブサイト作成ソフト(15,000円~)が必要です。

ちなみに、プロに依頼する場合は、2のパターンがほとんどです。この場合は、ドメインおよびレンタルサーバ代に加えて、制作会社などにウェブサイトの制作費を支払います。

1のレベルでウェブサイトにお金をかけるメリット

独自ドメインのURLをもち、広告表示もなくなるのでウェブサイトの信頼性はかなり向上しますし、こんご他のサービスに移ったり、本格的なウェブサイト運用に切り替えるときもURLが変わらないので、スムーズに移項でいます。

劇団としては、プロとして演劇で食っていこうと思ったら、最初からここまでは投資したほうがよいでしょう。また、当初はそのように思っていなくても、劇団がそれなりの規模に成長してきたら、すくなくとも1のレベルまでは必要だと思います。

それに対して、演劇活動を趣味の延長線上と考えていれば、無料でウェブサイトを運営していても、それほど大きな問題は起こらないのではないかと思います。

2のレベルの投資が必要になるとき

ウェブサイトにかなり重きをおいて積極的に活動しようとしたときです。こうなってくると、ウェブサイト作成サービスのなかでは、できることが限定されるので、不満に思うことがあるかもしれません。

自分のつくりたいウェブサイトが、作成サービスの範囲内でできないと思ったら、ソフトの購入も考慮にいれるとよいのではないでしょうか。最初からソフトを買っても、なかなか扱えずにうまくいかないということもあるので、ほんとうにソフトがないとつくりたいウェブサイトはつくれないのかを検討しましょう。そして、いきなりソフトを買わずに、まずは体験版で確認したり、ソフトを比較したほうがよいです。

ソフトを使ってこだわったウェブサイトを公開するには、どうしてもサーバが必要になるので、ここでレンタルサーバもあわせて選定します。

無料でもウェブサイトはつくることができますが、このようにお金をかけることで、ウェブサイトも確実にレベルアップします。とはいえ、目的や将来のビジョンありきでお金をかけないと、ただの無駄遣いになってしまいますので、それには注意してください。

次回は、劇団ウェブサイトに掲載する情報について、考えたいと思います。よろしくお願いいたします。

Pocket

コメントを残す